[展示品SALE]森下漆器・応量器6つ組(黒) | モノ・モノ | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. 器・キッチン
  3. お椀・鉢
  4. [展示品SALE]森下漆器・応量器6つ組(黒)

[展示品SALE]森下漆器・応量器6つ組(黒)

[展示品SALE]森下漆器・応量器6つ組(黒)の画像1枚目
このモダンな明るいシェープの食器は、お寺さんの組み食器です。名を応量器(おうりょうき)と言います。禅僧たちの毎日使いの食器でした。三度の食事の量に応じて大小を使い分けるので、応量器と言います。毎食、大中小六個の食器を全部使うわけではありません。朝餉を椀で粥、小皿で梅干し一つでといったこともあるようです。
 
応量器には和食器の知恵が三つかくれています。その一つ、「一器多用」の知恵。この器は紅茶用、これはコーヒー用などと限定しないで、一器を多用に活用する知恵、応量の知恵。

次は、「入れ子」の知恵。大きな器のなかに中の器がすっぽりおさまり、そのなかに小の器がと、次々に収納される器を、入れ子の器と言います。入れ子の食器は後片付けの楽な食器です。戸棚の中で場所をとらない、片付く食器です。そして重ねの深い器ですから、地震にあっても倒れて壊れることがありません。だから入れ子の食器は「耐震食器」でもあります。地震国なので和食器には、組みの片口や三つ組のどんぶりを入れ子に作ったものが多かったのです。

三つ目は、「携帯食器」の知恵。禅僧は雲水行脚の際、この応量器を頭陀袋に入れて携帯し、行脚先の寺で一宿一飯にあずかる際にこれを用いたと言います。応量器は入れ子の軽い組み食器です。携帯しやすいように、軽い漆器で作りました(高台のない鉄鉢型の、携帯性の高い応量器もあります)。応量器の携帯・耐震・入れ子の知恵は、現代食器にも活用したい和食器の知恵だと思います。

この応量器を復元したのは福井県河和田町の漆器の塗り師です。河和田は越後漆器の産地で、本堅地の汁椀を作り続けている山本英明さん(故人)や、椿皿の復元もやっている酒井政治さんなど、和食器の伝統を守り続けようという頑固な塗り師がいるところです。

禅僧を手本に、応量器を使ったミニマルな暮らしを楽しんでみませんか。

※長期展示品を定価の10%OFFで販売しています。多少の傷や汚れなどがある場合がございますので、あらかじめご了承ください。

素材:天然木トチ(漆塗装)
収納時サイズ:直径15×高さ11cm
個別サイズ:1.直径12.5×高さ6cm 2.直径12×高さ5cm 3.直径11.5×高さ4cm 4.直径10.5×高さ3.5cm 5.直径10×高さ3cm
重量:約550g
製造国:日本
[展示品SALE]森下漆器・応量器6つ組(黒)の画像2枚目

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
ゆうパック送料一律500円
¥500
¥0
3日
発送日は月~金曜日とさせていただきます。 お届け日時のご指定がある場合は取引ナビにてお知らせください。
※ 作品15,000円以上のご注文で送料が無料になります。 (同ショップ内)

ご購入の際の注意点

※販売商品は店頭にも陳列しております。売り切れの際はどうかご容赦ください。

ショップへの感想コメント

(68)
  • 受け取りました。 早々に発送いただき感謝です。プレゼントなので中はまだ見ていませんがきっと喜んでもらえると思います。 このたびは本当にありがとうございました。

  • 素敵な作品ありがとうございました。

    bytippi
  • 長期展示品という事でしたが 特に気になる箇所もなくて 大きさも程よくとても素敵な作品でした。 丁寧な編み込みで美しいです。 ガラスの花器と合わせても素敵かなと 思っています。ありがとうございました!

  • 本日、作品を受け取りました。 直ぐに対応して頂きありがとうございます。 以前からパン皿を探していました。 今回、偶然に目にした有岡氏の作品。 手にしてみて、肌触りや佇まい、 欲しいと思った自分の勘は 間違ってなかったと嬉しくなりました。 大切に使いますね。

    bymipooh
  • 無事に到着しました! 丁寧に箱詰めされていて、大切に届けて下さり嬉しかったです。本当に水をはじきますね。美しい木目で今まで見た木製品の中ではずば抜けてすべすべつやつやです。良い品をありがとうございました!大切に使わせていただきます。

東京
お気に入りに保存
森下漆器
森下漆器
福井県鯖江市にある漆工房。1928年に森下弥七氏が創業。天然の木と漆を使った本物の漆器を良心的な価格で製作している。なかでも「漆くろめ」という伝統的な製法で精製した漆で仕上げた根来塗りの器は根強い人気がある。

以下は2代目の森下雄治氏からのメッセージ。

「漆のモノは木と漆からなり、どちらも自然の樹木によるものです。その漆の樹はアジアの特定の地域にのみ生育しております。日本では固有の漆文化が育まれ、世界的に優れた漆工品がうみだされてきました。私達はその漆文化を継承発展させ、豊かなものとして次の世代に伝えなければなりません」

「しかし現在、日本の漆工界ははなはだ残念の状況です。私たちは営利的な制作をできるだけ避け、節度あるモノづくりを目指しております。具体的には、日本の中世末から近世にかけて用いられた漆工技術を掘り起こし、その現代的復活を進めております」
¥34,992
在庫数:1
15,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)

福井県鯖江市にある漆工房。1928年に森下弥七氏が創業。天然の木と漆を使った本物の漆器を良心的な価格で製作している。な…

販売

モノ・モノ

その他の作品:57

お気に入りに保存

モノ・モノは工業デザイナーの秋岡芳夫が1971年に創設した工芸デザイン運動の拠点です。現在は作り手のコミュニティー&レ…

¥34,992
在庫数:1
15,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。