1. HOME
  2. バッグ・財布
  3. かばん
  4. ★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトート

★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトート

★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトートの画像1枚目
★同じく柿渋染めで染めた帆布で作ったものをお送りいたしますが
 それぞれ染まり方が違います。
 ソフトな染まり具合のもので制作してお送りいたします。


太陽染ともいわれる柿渋(かきしぶ)染。 
柿渋の液の濃度を高くし、しつこくしつこく帆布に塗り込めました
普通でしたら液につけて干して染めるのですが粘度が高くなかなか帆布に塗り込めない
そこで、しつこくしつこく刷毛で重ねてみた次第

時間もかかりましたが出来上がりは、面白いことに。
元の布に染まりこんでいるほかにがっちりと表面にも付いている感じがしています
こすれると白っぽくなっているところと同じに元の布の色がのぞいてくるでしょう
ただ、つめでがりがりとひっかいたくらいでは全く落ちてくるようなものではありません。

浸透させるようにと帆布をもんだりしたので、くてくてとしています
がっちりとした染の表情とは相反する、柔らかな帆布




男性向けかなとイメージしていましたが
女性の方にも手にとっていただくことも多いバッグ。
持つ方の雰囲気に染まるというのも日本伝来の柿渋の魅力のひとつです。


底にとっているマチが広がって立体的なバッグです。
あえて、内ポケットはつけていません。

バッグの入り口は、帆布の耳をそのまま生かしていてぽそぽそっ・・・・としたところが
帆布そのものに触れられる感じがしていいかなと思います。
(ほつれてくることは、ありません)

両サイドは一度ミシンをかけてから厚みがありつつ、しなやかな本革でくるみカシメで打っています。

持ち手も中央に本革を合わせ見た目も抜かりなく、重いものを入れても大丈夫なようにしてあります。


☆柿渋染めとは柿が青いうちに収穫してつぶして醗酵させ染料にしたものです。
 古くは住宅の柱や、かさなどにも塗られ補強・撥水の効果なども持ち合わせています。
 太陽の紫外線により、色が変化いたします。
 一部柿渋染めは色が落ちるといいますが、こちらは落ちることはありません。
 ただ、何度も柿渋を重ねましたので塊が
 ぽろぽろと来ることがあるかもしれません・・・
 今のところ、私はジャケットを染めて着ていますがそんなことはないのですが、そういうこともあるらしいという情報まで・・・

 汚れも目立ちませんが、洗いたくなりましたら
 通常通り洗濯機でも、手で洗っていただいてもかまいません。
 その際、帆布がやわらかくなったり、革が硬めになったりと変化が生まれるかもしれませんが、そのあたりは、素材として楽しんでいただければと思います。
 革を使っておりますので、なんとなく陰干しのほうがいいのかなと思います。

表布 帆布 柿渋染めを施しています
裏布 なし


サイズ たて 32×よこ 上58 底34 ×まち 20
     持ち手 31
      (肩にかけるのはつむかしいかもしれません)
     重さ 350g

質問・疑問などありましたら遠慮なくお問い合わせくださいませ。
★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトートの画像2枚目
★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトートの画像3枚目
マチはこのような感じにとっています。
★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトートの画像4枚目
★しつこく染めた柿渋染の帆布と本革のトートの画像5枚目

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
レターパックプラス -
¥510
¥0
4日

ショップへの感想コメント

(269)
北海道
お気に入りに保存
¥12,000
在庫数:1
北海道の地震の影響で11日夕方ネットができる環境になりました。
今迄の勤め先が、災害・非常時が本番・出番!だからか私の家は備え万全過ぎといった所でネット以外は不自由なし。普段は星もろくに見えないのに、知床岳で見た星空、汽笛や鳥の羽音も聞こえてくる静かな数日でした。
私の後任者は地震後着の身着のまま職場に向かい、不眠不休。よくて寝袋にカップ麺でも食べられるか?といった状況ですので贅沢な身分です。
  • ギフト対応可

かを

北海道

お気に入りに保存

北海道から発送します通常3日お届けまでかかります。北海道は下の方、道南(どーなん)に住んでいます犬のゴールデンの女子と…

¥12,000
在庫数:1
北海道の地震の影響で11日夕方ネットができる環境になりました。
今迄の勤め先が、災害・非常時が本番・出番!だからか私の家は備え万全過ぎといった所でネット以外は不自由なし。普段は星もろくに見えないのに、知床岳で見た星空、汽笛や鳥の羽音も聞こえてくる静かな数日でした。
私の後任者は地震後着の身着のまま職場に向かい、不眠不休。よくて寝袋にカップ麺でも食べられるか?といった状況ですので贅沢な身分です。
  • ギフト対応可
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。