1. HOME
  2. アクセサリー
  3. リング・指輪
  4. アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10

アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10

アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10の画像1枚目
アンティークビーズにあわせて、銀のリングを彫金でつくりました。
ビーズは西アフリカ交易用にオランダまたはヴェネチアで作られた、シェブロンという模様のトンボ玉です。年代は1400~1900年初頭ごろ(おそらく後期)です。断面が山のようなギザギザ模様で赤白青がつかわれています。とても綺麗で人気のある模様です。

シェブロンのギザギザ模様の機械的なおもしろさを活かすため、銀の板を歯車に透かし切りしてリングにデザインしました。
中央の穴に銀のパイプを通し、銀の吹き球(ボール)つきの釘でしっかりと留めています。

100年以上前のビーズなので、細かいキズがあり、カットもラフですが、それも味わいと思います。

サイズは#10です。
リング部分は、太めの銀の甲丸線(950銀)をローラーでのばした自由な形です。サイズ棒での計測はできませんので、多少の誤差があるのはご了承ください。作者の指で確認しておりますので、ほぼ#10です。ガラスのサイズは、直径5ミリ、高さ3ミリです。銀のハグルマは横20ミリ縦12ミリです。

必ずサイズをお確かめください。
サイズなおしは出来ませんのでご了承ください。
略歴、お手入れ用銀磨きミニクロスを添えて、ギフトボックスにいれておとどけします。
アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10の画像2枚目
ガラスは100年以上前の品ですので、細かなキズがあり、カットもいびつです。綺麗なだけではない時を経た魅力があります。
アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10の画像3枚目
とても小さなトンボ玉です。それでも細かいギザギザ模様が入っています。ガラスに合わせて、銀の歯車も小さいものが二つ組み合わさっています。歯車の上に細い銀のパイプを立てて、ビーズを通し銀の吹き球付きの釘でとめています。
アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10の画像4枚目
青赤白のぎざぎざの模様です。シェブロンとは山形、という意味だそうです。イタリア語ではロゼッタと呼ばれています。大き目の銀の吹き球がガラスとリングをつないでいます。
アンティークビーズと銀のはぐるまリング#10の画像5枚目
側面に、silverと「亜」の刻印いり。950銀の甲丸(断面がかまぼこ型)を丸く成形してからローラーでのばすと、ふわんとした楕円形になります。遊び心もあり、ガラスが回りにくく、指にもはめやすくなります。

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
簡易書留 -
¥0
¥0
5日
発送日は祝日を除く月~金曜日とさせていただきます。
※ 作品7,000円以上のご注文で送料が無料になります。 (同ショップ内)

ご購入の際の注意点

簡単なお取り扱い説明文を同封します。お使いになる前にお読みください。
画面上と実物では色が異なって見える場合があります。ご不明な点がありましたら、お問い合わせください。
必ずサイズをご確認下さい。

ショップへの感想コメント

(9)
京都
お気に入りに保存
¥15,000
在庫数:0

再出品メールとは?

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)
7,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)
  • ギフト対応可

円満字亜矢子

京都

お気に入りに保存

京都市街に近いのどかな場所。春は京野菜として名高い白子筍が農業倉庫に並びます。夏は緑の田んぼでアマガエルが毎夜の大合唱…

¥15,000
在庫数:0

再出品メールとは?

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)
7,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)
  • ギフト対応可
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。