1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. 器・キッチン
  3. グラスのハンドメイド・クラフト作品・手仕事品一覧
  4. バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 の画像1枚目

日本の伝統的なガラス工芸・江戸切子や薩摩切子に使われる
被せガラス(きせがらす)にバラの花を彫刻したロックグラス
です。
ピンク色と言われる金赤ガラスを使って、バラの花を立体的に
彫刻加工しました。
バラの反対側には、自由に舞う蝶を配置しました。
柔らかな華やかさを持った、優しいデザインをコンセプトに作
りました。


ピンクの被せガラスに、バラの花を彫刻加工した、
透明感の美しい商品です。
バラの花は、花びらを1枚1枚分けて彫刻加工する、ステップ
ブラストと言う、サンドブラスト彫刻加工ならではの、特殊技法
で、グラデーションの美しい、立体的な表現をしています。

バーンフィニッシュ
完成したグラスを電気炉に入れて加熱し、仕上げています。
他のサンドブラスト商品より、なめらかな手触りで透明感の
ある仕様になっています。


バラは歴史の古い花で、3000万年前にはバラの先祖にあ
たる植物が北半球に広く分布していた、とも言われています。
史実としては、紀元前2000年前のバビロニアの書物にも
バラのことが書かれていますので、人類の歴史より古く地球
上に存在していたことは確かなようです。

バラは、見た目の美しさだけでなく、古くから香水として用
いられ、その成分の研究も進められてきました。
バラの花を加工して、頭痛薬として使用したり、ビタミンを
接種するために、ローズティーが作られてきました。


被せガラス(きせがらす)とは

一般的な透明なグラスの外側に色ガラスを重ねた、多層構造の
ガラスを 被せガラス(きせがらす)と言います。
日本では、伝統的なガラス工芸の江戸切子・薩摩切子に使われる
高級ガラス素材です。
特殊なガラスのため、熟練職人の手による「吹きガラス」という
手法で作られる手作りガラスです。


この商品は、国産の被せガラスを使って、ブラスト工房で彫刻
加工しています。

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 の画像2枚目

淡いグラデーションのハイライトを付けて、より立体感を演出しています

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 の画像3枚目

バラの反対側には、舞い飛ぶ蝶を 入れました
蝶の部分は、ピンクの透明ガラスのままになっています

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 の画像4枚目

花びらを1枚1枚分けて彫る、 ステップブラスト(段彫り)で
立体感のある仕上がりになっています。

バラと蝶ロックグラス01 ピンク色 被せガラス 蕨硝子 の画像5枚目

ロックグラス専用ボックに入れてお届け
プレゼントにお勧めです。
無料でラッピングも承りますので、お気軽にお問合せ
ください。

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
宅急便(ヤマト運輸)
¥0〜
[地域別の送料]
北海道 ¥0
北東北 ¥0
南東北 ¥0
関東 ¥0
信越 ¥0
北陸 ¥0
中部 ¥0
関西 ¥0
中国 ¥0
四国 ¥0
九州 ¥0
沖縄 ¥0
¥0
7日
※ こちらのショップは送料無料です

ショップへの感想コメント

(12)
埼玉
お気に入りに保存
¥18,300
在庫数:4
こちらのショップは送料無料です
  • ギフト対応可

ブラスト工房

埼玉

お気に入りに保存

サンドブラストによる、ガラス彫刻加工・記念品名入れ等を行っています。オーダーメイドの製作も承っておりますので、お気軽に…

¥18,300
在庫数:4
こちらのショップは送料無料です
  • ギフト対応可
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。