1. HOME
  2. 器・キッチン
  3. エプロン
  4. 一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜

一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜

一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜の画像1枚目
インドネシアの魚・エビ・水中花を組み合わせた模様をろうで描き、だんだん濃い青になるよう重ね染めをしました。線をたくさん描いた、シックな色合いのバティックになりました。

そのバティックを、黒に近い濃紺の布で縫ったカフェエプロンのポケットにしました。

男性にも女性にもお使いいただけるカフェエプロンです。
一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜の画像2枚目
インドネシアバティックでは「チャンティン」という道具でろう描き(ろう置き)をします。

ろうポットで熱したろうをチャンティンですくい、先端の管状部分から少しずつろうを出して布に置いていきます。

チャンティンを使うことで細い線や細かい点を描くことができます。
一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜の画像3枚目
線も点も2度描きします。塗り潰してある部分は表・裏・表のように3度はろう置きをしています。

ろうが置かれた部分は染まらないので、白い布にろうで描いた模様は、染めても布の色のまま白く残ります。
一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜の画像4枚目
[重ね染め]
布全体を染め
⬇️
その色のまま残したい部分にろうを置き
⬇️
布全体を次の色で染め・・・

という具合に、使う色の数だけ染めとろう置きを繰り返します。

染めが終わったら熱湯の中でろうを落とします。

バティックに裏地を付けてから、ポケットとしてエプロンに縫い付けています。

洗濯による色落ちが少ない染料を使っています。
一点もの・手描き手染めバティックのカフェエプロン〜インドネシアの魚柄ろうけつ染ポケット〜の画像5枚目
[カフェエプロンのサイズ]
・縦 80cm
・横 98cm
・腰紐 97cm

男性にも十分お使いいただけるサイズにしてあります。

すっきりほっそり見えるカフェエプロンです!

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
レターパックライト -
¥360
¥0
2日
茨城
お気に入りに保存

canting.a

茨城

お気に入りに保存

インドネシア流の手描き・手染めバティック(ろうけつ染)に取り組んでいる「canting a(チャンティン アー)」です…

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。