槌目ブレスレット U154S-6 | 平松デザイン研究所 | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. アクセサリー
  3. ブレスレット
  4. 槌目ブレスレット U154S-6

槌目ブレスレット U154S-6

槌目ブレスレット U154S-6の画像1枚目
平松保城(1926-2012)は、日本におけるコンテンポラリージュエリー、クラフトジュエリーのパイオニアとして知られています。その作品は国際的にも高く評価され、東京国立近代美術館、皇居、東京藝術大学資料館、ロイヤルカレッジ・オブアート、エジンバラ美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館などに収蔵されています。

平松氏は彫金工芸家・平松宏春の長男として大阪市で生まれました。終戦までの約3ヶ月間を軍隊で過ごした後、1947年に東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科彫金部に入学。優れた教授陣のもと研鑽を積みました。戦争体験は作家としての形成に大きな影響を及ぼし、「人間が生きる上で真に価値のあるものを作りたい」という気持ちから、生活に親しみやすいジュエリーの制作に取り組みました。

【作品について】
平松氏が作家として活動をはじめた1950年代は戦争からの復興期にあたり、社会や経済の発展にともない、日本のクラフト運動が興隆した時期でもあります。複数生産を前提とし、素材から形に至るまでのプロセスを徹底して簡略化させるというデザイン的な思考は、ほかの立体作品と共通するものです。

表面の微妙な凹凸(槌目)は、“カラカミ”と呼ばれる金槌で、銀線(金属の太い線)を小刻みに叩いて生まれたもの。当初はアルミニウムで作られていましたが、その後、銀(シルバー950)に材料がグレードアップされ、いまなおロングセラーを続けています。平松氏が亡くなってからは、長男の平松宏造さんが工房を受け継ぎ、お一人で制作を行っています。受注生産品のためお届けまで2〜3週間ほどいただきます。

最後に東京国立近代美術館工芸館発行の図録(かたちのエッセンス-平松保城の制作と思考 P7-10)より抜粋した文章をご紹介します。

「槌目(つちめ)や撚り線(よりせん)によるリング、ごく薄い金属の皺(しわ)そのものを見せるブローチなどを見ればわかるように、平松のジュエリーは特別に高価な貴石を用いたものではない。寧ろ(むしろ)素材である金属と向き合い、道具や手を用いて働きかけ、そこから引き出された固有の表情とフォルムを一致させている点にこそ、魅力がある」

「金属の表面に鏨(がたね)で掘られた線彫り、リズミカルな槌目の跡が続く銀線、様々な幅の金属の線が生み出す大小のゆるやかなカーブ、線に限るものだけでも平松の作品には実にさまざまな線が発見でき、線そのものを鑑賞する楽しみがある。平松の作品においてとりわけ線の表現に多様さが見られるのは、鏨による線の味わいを様々に表現してきた彫金という技術をバックボーンとしていることと無縁ではないだろう」

※受注生産品です。お支払い完了後、2〜3週間後に作品をお届けします。

【作品の仕様】
サイズ:フリーサイズ
内径:約62mm
素材:シルバー950
重さ:15g
製造国:日本
槌目ブレスレット U154S-6の画像2枚目
槌目の表情は一点一点微妙に異なります。
槌目ブレスレット U154S-6の画像3枚目
力強くも繊細なのが平松作品の特徴。
槌目ブレスレット U154S-6の画像4枚目
和紙で作られた特製のたとう紙に入れてお届けします。平松氏のサイン(印刷)と落款が入ります。

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
レターパックプラス - -
¥540
¥0
20日
注文後に制作します。通常は入金確認後、2〜3週間でお届けします。

ご購入の際の注意点

<ご注意>
・お支払い完了後、2〜3週間後に作品をお届けします。
・受注生産品のため、返品は原則としてお受けできません
平松デザイン研究所

平松デザイン研究所

東京

お気に入りに保存

平松保城(ひらまつ・やすき)◎1926年大阪市生まれ。金属工芸家。東京藝術大学名誉教授。エジンバラ美術館、ヴィクトリア…

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。