1. HOME
  2. アクセサリー
  3. ブレスレット
  4. RSMオリジナル 間々田紐 レザー×組紐ブレスレット(グリーン)

RSMオリジナル 間々田紐 レザー×組紐ブレスレット(グリーン)

RSMオリジナル 間々田紐 レザー×組紐ブレスレット(グリーン)の画像1枚目
栃木県の伝統工芸にも指定されている、この地域で伝わる日本古来の紐で、草木染めした絹糸を伝統技術で1本1本づつ手組みした紐です。草木染めの絹糸は色の深み、素朴さ、つややかさ、質感は格別のものです。レザーと組み合わせて使えば使うほど味がでる風合いのブレスレットです。金具の部分がマグネットになっているので片手でもつけやすい作りになっています。
和装・洋装どちらにも合い、年齢層も幅広いお客様にお使いいただけるデザインになっております。
こちらの商品は、RSMオリジナルのカラーで仕上げて頂いております。
Brand:間々田紐(小山市間々田)
RSMオリジナル 間々田紐 レザー×組紐ブレスレット(グリーン)の画像2枚目
RSMオリジナル 間々田紐 レザー×組紐ブレスレット(グリーン)の画像3枚目

配送方法・送料

配送料の目安 発送までの目安
5日

ショップへの感想コメント

(7)
栃木
お気に入りに保存
間々田紐
間々田紐
栃木県南部に位置する小山市間々田地区。
この地域に古くから伝わる「組紐」を間々田紐と言います。
手組みの日本古来の紐で、その昔は武士の冑の緒や下げ緒などとして愛用され、現在は婦人の帯紐、男性女性の羽織紐やループタイなど多種多様に用いられています。間々田紐は大正中期、初代の渡辺浅市が東京の組紐問屋深井誠太郎商店での年期奉公から実家の間々田に戻り、下請けとして店を構えたのがその始まりです。その後の昭和29年、民芸研究家の柳 宗悦先生、近藤 京嗣先生 が訪問され、「真田紐」の真田と地名である間々田の語呂が似通っているところから「間々田紐」と命名されました。特に益子町の日下田 博氏(栃木県無形文化財技術保持者)の染め上げた国産の正絹糸を使った草木染の作品は柳 宗悦先生から高い評価をいただきました。草木染の素朴で使えば使うほど味がでる風合い、機械ものとは違う手組みのやわらかさと上品さ、そして帯〆は一度締めると緩まず、着崩れを起こさないのが特徴です。現在はこの他ネックレス、眼鏡紐、携帯ストラップなどさまざまな組紐を製造しており、栃木県の伝統工芸品に指定されています。2代目浅市が平成11年惜しくも病のためこの世を去った後、伝統の火を絶やすまいと妻悦子が後を継ぎ、親族の助言協力を得て伝統ある間々田紐の技術を守り続けています。間々田紐は栃木県の民芸品として今なお生き続けているのです。

栃木県南部に位置する小山市間々田地区。この地域に古くから伝わる「組紐」を間々田紐と言います。手組みの日本古来の紐で、そ…

販売

ROCKSIDE MARKET

その他の作品:35

お気に入りに保存

日本が世界に誇る遺跡として、全国から来場者が訪れる、栃木県宇都宮市の観光スポット「大谷(おおや)資料館」。正に他には無…

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は出品者には通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。