ギャラリーvol.14 「みんなのどうぐ展」 Pint! | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. iichiギャラリー
  3. 「みんなのどうぐ展」 Pint!

Pint!さんのものづくり

Pint!さんは「商品企画」のプロフェッショナル。全国各地の職人の工房を直接訪れ、ものづくりの現場を見て、その職人と一緒に作りたいものを提案し、一つのかたちを完成させます。受け継がれてきた素晴らしい技術や、何百年と使われてきたいい素材。それらをかつてのものとして廃れさせることなく、「いまの暮らしの中で、本当に使いたいもの」として時代とともにアップデートしていきたい。Pint!さんの根幹に流れているそんな思いが、このものづくりのスタイルを作ってきました。

「ピントが合う」って、どういうこと?

Pint!さんが掲げるのは、「ピントの合ったものづくり」。例えば1つの器には、「素材を使って作る人」と「暮らしの中で使う人」 という2つの側面があります。職人さんは、それぞれの木材の特性やそれを上手く活かす加工方法を知っているし、使う人には、お料理との相性や口当たりの良さ、手にしっくり収まる感じなど、求めるカタチがある。その両方の視点を照らしあわせながら出来上がをり追求していくことで、気負わず手に取れる、今の暮らしに合った道具が誕生していきます。

Pint!さんの新しい試み。

Pint!さんのものづくりは今、新しいステージに踏み出しています。それは、Pint!さんのものづくりを「暮らし手」である一般の生活者の人々にも広げていく試みです。素材について知るところから、職人さんと一緒に作り、使ってみて、販売されるところまで。実際にものづくりのすべての工程を体験する参加型のプロダクト・プロジェクトです。かつて必要に基づいて作られていた「民具」を今もう一度、という思いを込めて、「みんなのどうぐ」という名前が付けられました。

「みんなのどうぐ」づくり、始動しています。

今回のiichiギャラリーでは、Pint!さんが挽き物の職人さんと一緒に作った木の器を中心に、全国各地の職人さんと形にしてきた暮らしの道具、「みんなのどうぐ」プロジェクトで今まさに制作が進行している器も先行受注でご紹介しています。完成した器を日々使いながら、その裏側にあるPint!さんや職人さんの意図、ご自身が理想とするものの形にも、ぜひ想いを馳せてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。