1. HOME
  2. iichiギャラリー
  3. 地場産業・伝統工芸による新しいモノ作りプロジェクト DESIGNING OUT
「クラフト感」を手に入れた有田焼、やま平窯「磁輪花小鉢」。

クラフト感を手に入れた有田焼、やま平窯「磁輪花小鉢」。

窯業王国・有田の中でも、今最も勢いのある窯元のひとつが「やま平窯」です。やま平窯の創業は昭和47年。創業100年を超える窯元が軒を連ねる有田では、比較的新しい窯元といえます。伝統を大切にしつつも、現代の生活シーンに合ったジャンルにとらわれない新しい有田焼を追求し続けています。

白磁の中に懐かしさや人の温もりを込める。

白磁の中に懐かしさや人の温もりを込める。

『DESIGNING OUT』ではやま平窯の山本氏の持ち味であるシンプルでモダンな作風を生かせるように、九州陶磁文化館に収蔵されている古陶磁をもとに白磁の小鉢を依頼しました。山本氏はその器を再現するにあたり、通常の有田焼とは違うアプローチで挑みました。やま平窯が多くの人から支持されるのは、シンプルなデザインに加え絶妙なクラフト感を感じさせるところにも理由があります。
古陶磁の現物を手にした山本氏は、触らないとわからないほどの表面の小さな凹凸や、微妙にアシンメトリーとなった口など、当時の陶工の「手ぐせ」のようなものまで感じ取ります。その手触りの記憶をもとに、表面は滑らかに、ただ手で包むと感じるか感じないかわからない程度の、わずかな造形のニュアンスをつけました。

可憐で繊細、そして気品。花のような色香を放つ白磁へ。

可憐で繊細、そして気品。花のような色香を放つ白磁へ。

縁にかけてすっと薄く伸び、今から満開に向かおうとする花の一瞬を切り取ったような向付。乳白色の中に薄茶の斑点が浮かぶさまはどこか懐かしさを感じる質感で、職人の手仕事を感じさせるフォルムも手にすっとなじむような優しさがあります。
また、口は薄く、しかし滑らかに仕上げてあるので、口当たりも抜群。シンプルでモダンな器は、小鉢として、向付として和洋を問わず活躍しそうです。

古唐津を自由な発想で現代の器に。殿山窯「唐津鉄釉平皿」。

古唐津を自由な発想で現代の器に。殿山窯「唐津鉄釉平皿」。

殿山窯の矢野直人氏は窯の二代目にあたりますが、父やほかの作家に師事したことはなく、有田窯業大学校などで基礎を学んだあとはほとんど独学で作陶の道を開いてきました。
今回彼が手がけたのは、ムラのある鉄釉が印象的な「唐津鉄釉平皿」。もともと、平皿で濃淡のある黒を表現する手法は矢野氏が得意とするものでしたが、皿の裏面の線を工夫することで浮遊感のある幻想的な器に仕上げました。

独学ゆえの発想から生まれる、多彩なうつわ。

独学ゆえの発想から生まれる、多彩なうつわ。

名護屋城跡のほど近く。呼子港を見下ろす丘に登り窯を構えるのが「殿山窯」です。
矢野直人氏は若い頃にアメリカで油絵を学び、帰国した際に出合った古唐津の茶碗に触発されて陶芸家を志したという来歴もあり、朝鮮唐津の花入れや皮鯨、李朝を思わせる鉄釉茶碗など、桃山の古唐津を思わせる作風も実に多彩。しかもどれもが、単なる“写し”ではなく、独学ゆえの自由な発想がそこに表現されています。

七変する表情とシャープさの中に、使い勝手のよさが潜む。

七変する表情とシャープさの中に、使い勝手のよさが潜む。

矢野氏による「鉄釉平皿」。鉄釉のむらがまだら文様のような景色を描き、光が当たる角度によって漆黒と薄墨が入り交じった光沢を放ちます。初めてこの器を目にしたクリエイティヴ・プロデューサーの丸若氏は心奪われ「唐津の夜空のようだ」と感想をもらしました。
丸皿の淵も、肉眼ではほとんど分からない程度に先端を平らにしており、そのことで全体の線が一層きりっとした印象になっています。また、指がかかる淵の部分も内側に深く角度をつけることで、皿自体が浮いているように見え、さらに持ちやすさも向上しています。
また、見る角度や光源によってさまざまに表情を変える鉄釉平皿は、料理がスポットを浴びたように華やかにみえることも特徴のひとつです。

古拙の美を見出す「平成の古伊万里」、李荘窯「銀杏形小皿」。

古拙の美を見出す平成の古伊万里、李荘窯「銀杏形小皿」。

今回の『DESIGNING OUT』において、クリエイティヴ・プロデューサーの丸若氏と並びキーマンとなったのが、有田『李荘窯』の寺内信二氏。
古陶磁の普遍的な美しさに魅せられ古伊万里を現代に蘇らせた寺内氏は、古今の有田に精通するオーソリティでもあり、『DESIGNING OUT』ではプレーヤーとしてだけではなく、丸若氏とつくり手たちをつなげるディレクターとしても活躍。また、今回のプロジェクトのテーマのひとつともいえる「つくり手を感じる器」というキーワードも、丸若氏たちが『李荘窯』で出合った1枚の古伊万里がきっかけでした。

有田焼の長い歴史と進化を1枚の皿に凝縮させる。

有田焼の長い歴史と進化を1枚の皿に凝縮させる。

寺内氏が手がけることになった器は、九州陶磁文化館の柴田夫妻コレクションに所蔵される染付の手塩皿。非常に小さなサイズをリサイズし、銘々皿やデザート皿としても使えるようにしました。当初はオリジナルを忠実にサイズアップさせようと試みますが、それだと高台が高くなりすぎてしまい、バランスがいびつになることが判明。ただ、寺内氏は高台にある程度高さをもたせることを選びます。「将軍家などへの献上品としてつくられていた鍋島焼もそうですが、高台に高さがあると器に品が生まれるんです」(寺内氏)。高台のつけ方も、たたら(板状の⽣地)に台を後づけさせる昔ながらの雰囲気を現代の製法で再現することで、古伊万里を思わせる手づくり感を残しました。

たおやかな絵つけが見る者の心をほどく。

たおやかな絵つけが見る者の心をほどく。

「平成古伊万里」と称される寺内氏の器。今回の完成した『銀杏形小皿』も、淡く枯れたような青藍色が数百年前から蘇ったような佇まいを醸し出します。皿の縁から根元にいたるグラデーションは、職人の筆の運びや筆圧すら感じさせ、一片として同じ色が混じっていないため青だけで描かれたとは思えない奥行きの深さが。そして、古伊万里と同じように釉薬(ゆうやく)を塗る時ついた指跡を残し、古拙の美を表現しました。また、高台を高くもうけたために、銀杏が宙に浮かんだような不思議な浮遊感も特徴です。

唐津焼の枠を超え独自の作風を確立。隆太窯「唐津粉引皿」。

唐津焼の枠を超え独自の作風を確立。隆太窯「唐津粉引皿」。

旅慣れた愛陶家も「ここを訪れるために唐津に向かう」と目的地に名をあげる、唐津きっての人気の窯が「隆太窯」です。隆太窯は人間国宝に認定された12代中里太郎右衛門(無庵)の五男として生まれた中里 隆氏が、アメリカや欧州、韓国、そして種子島など国内外の地を経て開いた窯です。
自然と一体となった環境から生み出されるのは、生活のためのうつわ。唐津焼の伝統を受け継ぎながらもそこにモダンな空気が吹き込まれており、料理映えする佇まいが使う人の想像をかき立てます。

豊かな暮らしそのものを発信する里山の中の陶房。

豊かな暮らしそのものを発信する里山の中の陶房。

陶房があるのは長閑(のどか)な田園地帯のさらに奥地。棚田が広がり小川が流れる敷地内に凛とした空気が漂う工房があり、まさしく桃源郷のような世界です。
その隆氏は来年傘寿を迎える年齢ですが、今も世界各地で精力的に作陶。窯を空けることの多い父に代わり、現在は2代目の太亀氏が当主として窯を守っています。太亀氏は古唐津にも通じ、絵唐津や粉引唐津、三島唐津、黒唐津など様々な唐津焼の伝統意匠を得意としますが、その技法にひと工夫を加え、現代的な器にする術が多くの愛陶家を虜にしています。

唐津らしい味わいのある土味とモダンな線が調和。

唐津らしい味わいのある土味とモダンな線が調和。

うつわの中央をはしる白い線は化粧土のあと。「普通、化粧土をかける時は高台をつかんでざぶんと液に漬けるんですが、器が大きかったり高台がなかったりすると一度にかけることができません。だから苦肉の策として上下を反転させて2回に分けてかけたら、真ん中の重なった部分が白い線になったんです。その図らずともついた文様が面白いなと」(太亀氏)。うつわを浸す角度や上下の割合を変えることで、真ん中以外にも様々な線を描くことができるそう。
そして印象的なのが、クリーム色の素地の全体に散らばる黒い斑点。鉄を多く含む土で焼く唐津焼は、生地中の鉄分が表面に浮き出てきて鉄粉の景色をつくることがありますが、この粉引皿はそれをより強調しているようにも見えます。「実はこの土は他の誰も使わないような鉄分の多い土を父(隆氏)が探してきて、それをストックしていたものなんです」(太亀氏)との答え。その生地を「還元焼成」と呼ばれる焼成方法で焼くことで、この独特の景色が生まれるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。