No.05

silkpiece

silkpieceさんは、「シンプルなのに印象的であること」を大切に、京都・西陣の伝統技術による上質な絹糸を使って作品をつくっています。編み機を使ってつくったパーツを、ミシンを一切使わずにひと目ひと目手で縫い合わせています。また、仕上がった作品を必ず洗濯テストしてから出荷するなど、silkpieceさんのものづくりは、高い品質をより際立たせる丁寧な手仕事と使う人への心遣いにあふれています。
1972年京都に生まれる
1995年衣料・雑貨メーカーで企画・生産管理を担当
2002年編み機を使った服作りを学ぶ
2004年silkpieceを設立し、ショップサイトで販売を始める

編み目の数を増やしては編み、減らしては編み、美しい曲線を描きます。

編み機で編んだパーツを、ひと目ひと目手で縫い合わせます。

本当の上質をお届けするために、手間をかけて品質を守っています。

このページのTOPへ