No.22

ムラタカオリ

東京藝術大学で陶芸を学んだムラタカオリさん。2008年以降、百貨店などでの展示会出展などを中心に活動されています。器は出来るだけシンプルな形にまとめるとのこと。その理由は、その後の絵付けが引き立つようにこだわっていて、その独特のタッチで描かれる動植物のモチーフにはファンも多いのだそうです。
神奈川県生まれ

東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業
同大学大学院美術研究科陶芸専攻修了

独特のタッチで描かれる動物などのモチーフにはファンも多い。

器からオブジェまで制作されるムラタさん。器以外のものは手捻り成形で制作。

こだわりの絵付けを引き立たせるために、器のデザインは出来るだけシンプルに。

このページのTOPへ