1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. ハンドメイド・クラフトのイベント情報
  3. 東京都
  4. Furusho Miki Ceramics Exhibition @ pollyanna
開催終了

古荘美紀作品展
食器全般、壺、花器など約200点。

期間
2020.10.14(水) 〜 10.19(月)
10/14(Wed)-19(Mon)
11:00-18:00(last day-17:00)

作家全日在廊
場所
かぐらざか五感肆 パレアナ
東京都 新宿区白銀町1-2
お問い合わせ
03-3235-6951
イベント登録者
古荘美紀

Furusho Miki Ceramics Exhibition @ pollyanna

2020.10.14(水) 〜 10.19(月)
古荘美紀
古荘美紀 東京  作品数:162  感想:76
お気に入り作家に保存

伊豆の土の模様 土は美しい。土って不思議。 伊豆で自ら掘ったままの土。 クリーム色、ピンク、グレーなどの色の土。 ひと掘りの中に、白、茶、黒など色んな色の部分があります。 土を練らないで叩いて伸ばす 通常、陶芸は土練りをして粘土を使用します。 この伊豆の土も、土練りすると単なる赤土です。 土練りしないで薄くたたいて伸ばすと、土の色の違いがまだら模様になって伸びます。 紙くらいの薄さまで伸ばして、この状態でカットし、生の素地に貼り付けます。 埋もれていた記憶を焼きこむ 土を掘ったときの黒い部分白い部分が、自然な模様を焼きだしています。 何万年もかけて蓄積された成分の無意識な模様。 人が手をかけない、自然な美しい模様。 土の奥底にある美しい記憶を焼きだしています。 伊豆の土を陶器のアクセントとしてデザインし、「プリミティブ&モダン」な陶器を作りたいと思いを込めながら、日々創作しています。 東京都世田谷区在住 神奈川県生まれ 佐賀県立有田窯業大学校卒業 1999年   静岡県南伊豆町 岩殿寺窯入社 2002年   同窯退社 神奈川県へ移る 2003年~  グループ展など出展 2011年  第50回日本クラフト展 入選 2014年〜 個展、グループ展 HP: furusho-miki-potter.com Instagram : furusho_miki_potter FB : 「古荘美紀 Furusho Miki」で検索ください 2020年 展示会 ●古荘美紀作品展 「大地の鼓動」 4/18(土)ー5/3(日) 平日 12:00-19:00 土日祝日 11:00-19:00 proto 器とタカラモノ @proto_kuramae 東京都台東区蔵前4-20-12 精華ビル2F 090-6931-8779 オンライン個展となります。 ●丸善日本橋店「土と銅のモノ語り 古荘美紀+安東桂 二人展」 2020年7月8日(水)~14日(火) ●パレアナ(神楽坂)個展 2020年10月6日(火)~10月11日(日) ●クラフトフェアまつもと 2020年10月17日(土)18日(日)

作品
  • 持ち歩く蚊遣り(シカク)
  • 持ち歩く蚊遣り(ぐるぐる)
  • 白釉ロング台皿
  • 大地に立つ花器(こげ茶色)
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。