HOMEブログ SNSでの効果的な投稿の3つのポイント
iichiガイド
二木薫 二木薫

SNSでの効果的な投稿の3つのポイント

twitter-2617269_1280

こんにちは、iichiマーケティングの二木です。
個人から企業まで、今や告知や宣伝、コミニケーション活動に欠かせなくなったソーシャルメディア。作り手の皆さんも、日頃からTwitter, Facebook, Instagram などを使用されていると思います。
とはいえ、作品制作をしながら次々と新しい機能が追加されるSNSを使いこなすのはなかなか大変なことですよね。新入社員の時、ひとり1台のパソコン体制ではなかった世代の私にとって、SNSの仕事は試行錯誤の連続です。今回のブログでは、Twitter, Facebook, Instagramのアカウント運用をしている中で見つけた気付きや活用法などを皆さんとシェアできたらと思います!


効果的な投稿


①誰に、いつ、何を

アカウント運営の際に気を付けている点をご紹介します。まず、SNSの投稿を見てくれた人について想像してみましょう。性別、どのような世代や属性なのか。例えば、twitterやinstagramのユーザーは比較的若く、facebookは少し世代が上などと言われています。ご自身の宣伝活動に1番フィットするSNSチャネルを見つけたいですね。


yomm9557_0511-1

※ ITmediaマーケティング「平成生まれと昭和生まれはどれだけ違う?好みのSNSから未来観まで比較―ソニー生命保険調査」(平成30年)より


また、SNSの特徴でもありますが、投稿してもタイムラインはどんどん流れていってしまうもの。ご自身のフォロワーはどの時間帯がアクティブなのかを知るのも大切なポイントです。

最後に投稿の内容。「発信したいこと」が一方的になってしまっては、継続的に投稿を見てもらうことは難しくなりますよね。iichi でもイベント情報、読みものとしてのブログ、鎌倉オフィスの様子など様々なトピックスやコンテンツを試し、フォローしてくださる方に喜んでもらえるように工夫しています。さらに投稿後はどのような反応があったかをチェックすることで、フォロワーのニーズを理解できます。皆さんもぜひ投稿後の反応を分析してみてください。

347a49e87ef77c7c0a26b5ac647543ce_m

②目標の設定

SNSのビジネスアカウントの目的とは何でしょうか。ブランド認知、ファンを集める、コミニケーションなど色々ありますね。iichiではアカウントのフォロワー数ではなく、どれだけの人にリーチして、どれだけのアクションを起こしてもらえるかということに注目しています。SNSでは全ての投稿がフォロワーのタイムラインに表示されるわけではありません。各社のアルゴリズムにもよりますが、投稿に対して「いいね」「シェア」「リツイート」をするなどの行動がタイムラインへの表示につながるのです。つまり、フォロワーの反応が積極的であるほど、その投稿は人の目に触れ広がっていくと言うことができます。

テキストだけではなく、画像や動画の投稿も効果的です。SNSでは、テキスト<画像<動画の順に訴求力が上がり、見る人の関心を高めるそう。「ライブ配信」「instagramストーリー」「IGTV」「twitterモーメント」などにもぜひ挑戦してみましょう。

③共感してもらう

いつでもどこでも何でも手に入る世の中で、ハンドメイドやクラフト作品に惹かれるのはなぜでしょうか。手仕事の温もり、大量生産には無い特別感、つくる人への純粋な尊敬など、SNSの投稿に反応したりフォローしてくれた人は作品そのものだけでなく、その成り立ちや世界観に共感していると言えるのではないでしょうか。作り手のことや、ものづくりの背景にあるストーリーを知ることで、親近感はグッと増します。ぜひ作品だけでなく、制作の過程やアトリエの様子なども投稿してみてはいかがでしょう。


SNSで活動するメリットとは


最後に、ソーシャルメディアを使った活動がなぜ効果的か、ということについて簡単に触れたいと思います。今や生活の中で大きな存在感を占めるようになったSNS。中でもシェアやリツイートなどの「情報拡散」はSNS利用者の約50%以上が体験しており、約17%はほぼ毎日実施しています。


総務省|平成27年版 情報通信白書|SNSでの情報拡散の状況1

※総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)より


SNSで拡散されると「検索エンジン以外からの流入につながる」という利点があります。クリックひとつで個人のタイムラインに表示されるため、その個人が属するコミュニティにも簡単に情報が届きます。SNSは同じような趣味趣向の人が集まりつながるサービスなので、シェアしてもらうことで同じような興味を持つ、複数の人に働きかけることができます。

また、近年は何かを検索する際もSNS上でハッシュタグを使って情報を得る行為が主流になってきました。たとえ作り手の名前やブランド名を知らなくても、関連するキーワードや画像をたどれば様々な人へ情報が届くようになったのです。このようにSNSでの活動は「興味嗜好の近い、潜在的な顧客層の目に自然と留まり、ファンを獲得するチャンスを確実に増やす」ことを可能にします。せっかく作成しているブログやSNSのポスト、目的を明確にして楽しく効果的に使っていきたいですね。


プロフィールページ、さらに便利に!


iichiのプロフィールページにて、ご自身のホームページやブログ、ソーシャルメディアへのリンクを設定することが可能になりました。日々の発信、イベント出展や個展の開催など、iichiを通じて皆さまのものづくりの営みをより広くお届けできれば幸いです!この機会にぜひご登録、ご活用くださいね。

【リンク設定機能】

link-settings-release

※ホームページとブログはURLを、SNSはご自身のIDを入力してください。詳細はこちらよりご確認いただけます。

さて、今回はSNSの効果的な投稿のポイントや、SNSのメリットについてお伝えしました。どんどん進化していくソーシャルメディアの世界ですが、眺める人が楽しく、心安らぐような情報発信ができるよう、改めて振りかえる良い機会となりました。皆さまの活動にも役立てていただけたら嬉しいです。


この記事は2018年6月29日に作成されました
このエントリーをはてなブックマークに追加

iichiガイドの最新記事

  1. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング② 〜お気に入り機能攻略編〜

  2. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング① 〜プロフィール攻略編〜

  3. iichiガイド

    SNSでの効果的な投稿の3つのポイント

  4. iichiガイド

    ギフトシーズンのショップ運営「役立つ4つの工夫」とは

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

  4. iichiガイド / スタッフブログ

    魅力的なショップづくりのポイント〜アイドマの法則〜

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。