ギフトシーズンのショップ運営 「役立つ4つの工夫」とは | iichiブログ | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
HOMEブログ ギフトシーズンのショップ運営 「役立つ4つの工夫」とは
iichiガイド
二木薫 二木薫
2017/12/01

ギフトシーズンのショップ運営 「役立つ4つの工夫」とは

season-1985856_1280

こんにちは。引き締まるような空気に真冬の気配を感じる今日このごろです。気が付けばクリスマスももうすぐ! 12/1から12/25までiichiではクリスマスキャンペーンを実施しており、お客さまのアクセスやお買い物が活発になる期間です。ウェブサイトへの訪問が増える時期は、より多くのお客さまにショップを知っていただく良い機会でもあります。とはいえ、作品の制作に出品、注文の対応、宣伝...。作り手の皆さんも年末に向けて忙しい時期はなかなかショップ運営に手をかけられないものですよね。今回は、知っておくと役立つショップ運営のちょっとした工夫をご紹介したいと思います。

工夫その1: 活用してみよう! キーワード設定

iichiのトップページでお客さまはどこを見ているのでしょうか。サイト内の解析結果から、トップページ上部にある「キーワード検索」ボタンのクリック率がとても高いことが分かっています。例えば「クリスマス」や「お正月」などのキーワードは11月くらいから活発に検索されています。その他「リース」「しめ縄」などの季節商品、「天然石」「ダイヤモンド」「パール」などのフォーマルアクセサリーのキーワードがよく入力されています(2016年12月のデータより)。

季節に合ったキーワードを設定することで検索結果に表示されやすくなり、シーズン需要の波に乗ってお客さまの目に触れる機会が多くなります。( ※検索結果の表示順位は閲覧数、お気に入り数、出品時期など複数の要素があるため、上位に表示されることを必ず保証するものではありません。)

設定方法は下記の3通り。 ①作品説明文に入れる ②タイトルに入れる ③作品登録画面の「追加で素材・色・検索キーワード情報を入力する」から検索キーワードとして登録する。

季節感を常に意識して、検索にマッチしたキーワードを作品ページに取り入れてみましょう!

工夫その2: 見直してみよう! 作品画像

インターネット上でのお買い物、まず1番に何を見るでしょうか。自分に置き換えて考えても、作品画像が重要な判断基準になりますよね。特に作品ページの1枚目の写真は、まさにショップのウィンドウ的な存在。一覧から作品の詳細ページに進んでもらう為に見直したいポイントとして、「明るさ」「作品が引き立つある程度の余白」「分かりやすさ」などをチェック。

過去に出品した作品でも、1枚目の写真を変えるだけでお客さまの反応が変わったり、ショップが新鮮に見えたりします。冬であれば赤い木の実を添えたり、温かみのある布地を敷いてみたりと、背景を変えるだけでも季節感がぐっとアップ!

また、1枚しか画像が無いより、何枚か判断できる素材があるとお買い物しやすくなります。寄りの画像、角度の違う写真などを追加するのもおすすめです。実際に使っているシーンを想起させることも有効なアプローチになります。お洋服やアクセサリーの場合は着用写真をアップしてみるのもいいですね。

工夫その3: 提案してみよう! おすすめやセット作品

せっかく作品ページにアクセスしてもらったのなら、他の作品も見ていただきたいものですよね。ショップ滞在時間を増やすために、作品説明文の中でご自身の別の作品もおすすめしてみませんか?

例えば、「おそろいのアクセサリー」「色違い」「シリーズで使える器」「複数の作品をセット販売」 など、、、

様々なおすすめ切り口があると思うので、ぜひ実践なさってみてくださいね。(※ iichiのURLのみ、作品説明文に掲載可能となっています。)

工夫その4: 事前に確認! ギフトシーズンのお取引ポイント

12月にかけて増えるのはプレゼントとしてのご注文です。以下に、事前に確認しておくと安心なポイントをあげてみました。


①発送日の確認で安心


お客さまからメッセージで希望受取日の連絡があった場合は、発送予定日を設定している場合でも、その日までに間に合うかどうかのお返事をしましょう。お返事があれば、お客さまは安心して待つことができますよね。 また、お客さまから発送日の指定がない場合でも、前もってメッセージでお知らせしておくことで、「プレゼントのつもりだったのに間に合わなかった!」などのトラブルを防ぎやすくなります。


②プレゼント?お届け先のダブルチェックを


iichiの取引ナビには<お届け先>と<お客さま情報>の2種類の情報があります。この2つの住所が違う場合は「プレゼントを贈る相手に直接作品を発送して欲しい」という可能性も考えられます。 「プレゼントなのに価格の分かる取引明細書が入っていた!」などとということは、なるべく避けたいもの。このような場合は、お客さまにメッセージで確認を取ってから進めると安心ですね。


③ラッピングのご案内を明確に


無料でのラッピングサービスは、特にクリスマスシーズンにはお客さまにとって魅力的なものです。 作品説明文に無料ラッピングができることを付け加えたり、ラッピングの写真を追加してぜひお客さまに知ってもらいましょう。

以上「キーワード設定」「作品画像」「おすすめ提案」「取引の事前確認ポイント」の4つの工夫をご紹介しました。ギフトシーズンのショップ運営の参考になれば嬉しいです。併せて、下記のコンテンツもどうぞお役立てくださいね。 2017年最後のひと月も、たくさんの素敵なご縁がありますように。



<お役立ちコンテンツ>
【その1】写真の撮りかた教室 [撮影の前に]編
【その2】写真の撮り方教室[カメラの設定4ステップ
プロフィールを書く時の4つのコツ
作品紹介ページ、どうしたら魅力的に?
作品紹介ページ、どうしたら魅力的に? (その2)

iichi クリスマスキャンペーン実施中♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

iichiガイドの最新記事

  1. iichiガイド

    ギフトシーズンのショップ運営 「役立つ4つの工夫」とは

  2. iichiガイド

    【作り手が知っておきたい法律】〜応用編〜

  3. iichiガイド

    【作り手が知っておきたい法律】〜著作権編〜

  4. iichiガイド / スタッフブログ

    魅力的なショップづくりのポイント〜アイドマの法則〜

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

  4. iichiガイド / スタッフブログ

    魅力的なショップづくりのポイント〜アイドマの法則〜

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。