HOMEブログ 【応援者を募集しています】作り手のサロンをよみがえらせる「モノ・モノ」再生プロジェクト
iichiニュース
菅村 大全 菅村 大全
2015/11/17

【応援者を募集しています】作り手のサロンをよみがえらせる「モノ・モノ」再生プロジェクト

1a-monomono salon

iichiユーザーの皆さま、こんにちは。『Crafter』編集発行人の菅村大全です。今回はリトルプレス(自費出版)につづく、私の無謀な?プロジェクトの紹介をさせてください。

プロジェクト名はちょっと長くて「クラフトの過去と未来をつなぐ、モノ・モノ再生プロジェクト」といいます。Crafter VOL.3の巻末で紹介したので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。ひとことでいうと、「昭和期から続く、作り手のサロンをよみがえらせよう」というプロジェクトです。


1
現在改装工事中のこの場所に、つくり手が集まる活気溢れる場所を再生させようとしています。


マンションの一室から始まった昭和の「クラフトデザイン運動」


モノ・モノは東京・中野の古いマンションの中にあります。開設したのは工業デザイナーの秋岡芳夫氏。時代は高度成長期の1971年。大量消費社会の到来に疑問をもったクラフトマンやデザイナーたちが、秋岡氏のよびかけでこのマンションに集い、モノ作りのあり方について夜な夜な議論をかわすようになります。


eb5b47fb04a6a84819b12101742d3f9f
モノ・モノが入居しているマンションの外観。1964年の東京オリンピックの年に竣工しました。


そこからさまざまなモノ作り、コト作りのプロジェクトが生まれ、新たな工芸運動として全国に波及していきます。おどろくべきはメンバーのほとんどが手弁当でプロジェクトに参加し、社会性や継続性のある仕組みを作っていたことです。今風にいえば“NPOのクリエイティブ集団”といったところでしょうか。


作り手の活動拠点としてはじまったモノ・モノは、良質なクラフトや家具をあつかう生活道具店へと次第に姿を変え、現在にいたります。私がはじめてモノ・モノに訪れたのは15年ほど前、まだ20代のころでした。すでに秋岡氏はこの世を去っていました。


モノ
モノ・モノで販売している商品の一例。素材は多岐にわたります。



作り続けることと、手しごとの価値を伝えていくこと


最初はモノ・モノのいち顧客として、店内に並んでいる器や家具に魅力を感じていたわけですが、40代になり、作り手向けのリトルプレスを発行するようになってからは、秋岡芳夫とモノ・モノがかつて取り組んできた活動のほうに一段と共感するようになりました。


なぜか。雑誌には「新しい価値観を伝える」という使命があると私は考えています。Crafterの場合は「生業としての手仕事を考える」をテーマに掲げていますが、編集人の心情としては安心して寄りかかることができる指針がほしい。そのときに秋岡氏が著作を通じて伝えてきたことや、モノ・モノのメンバーとともに実践してきたプロジェクトが、自分の中で一番しっくりきたというわけです。


e7bcab74656e7fb40ee57f85cd9ca8df
モノ・モノが提案していた「使い方のデザイン」はいまの暮らしにも通じる提案でした。



モノ・モノの過去の活動と再生プロジェクトに興味を持っていただいた方は、こちらのウェブサイトをぜひごらんください。そして皆さまのあたたかい支援をいただけるとうれしいです。


《皆さまのご支援をお待ちしています》

「クラフトの過去と未来をつなぐ、モノ・モノ再生プロジェクト」
【実施期間】  2015年11月24日(火)まで
【ご参加特典】 記念銘板/「選べる福袋」引換券/セミナー受講券/スペース貸出など
詳しくはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

iichiニュースの最新記事

  1. iichiニュース

    今年も「工芸の五月」がはじまります。

  2. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

  3. iichiニュース / 取材レポート

    【iichi講座レポート】著作権講座を開催!〜次回の講座テーマは「作…

  4. iichiニュース

    【応援者を募集しています】作り手のサロンをよみがえらせる「モノ・モノ…

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

  4. iichiガイド / スタッフブログ

    魅力的なショップづくりのポイント〜アイドマの法則〜

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。