夏のキャンペーン実施中! 10%割引券をプレゼント >詳しくはこちら<
HOMEブログ 【イベントレポート】「川口暮らふと」に行ってきました!
取材レポート
新田 晋也 新田 晋也
2015/11/12

【イベントレポート】「川口暮らふと」に行ってきました!

kanbanFullSizeRender


こんにちは!
iichiの新田です。

以前ブログでもお知らせした、埼玉県川口市で年1回秋に開催されている「川口暮らふと」に、家族で行ってきましたので そこで感じたことなどレポートにしました。



川口暮らふと とは



(HP開催趣旨より一部引用)

街の礎に静かに佇む「ものづくりの精神」にそっと耳を傾け、この街の歴史や文化を見つめ直し、この街で暮らしていくことの素晴らしさを感じたいという想いから始まりました。



テント


まさにその趣旨どおり、
今回は「クラフトブース」に加え、川口で活動する方々を紹介する「地域紹介ブース」や「音楽ライブ」などが開催されていて、川口という街に”文化的な種”を根付かせたい、という実行委員会の皆さんの想いが伝わる展開になっていました。



日常に溶け込むクラフトフェア


会場は川口駅から近く、住宅やマンション、ショッピングモールに隣接したところにある、
ぽっかりと抜け感の気持ちよい広場が会場でした。

そして、その場に到着してすぐに、こう思いました。
「自分たちが住んでいる街でもこんなイベントがあったらな〜・・・」と。

それくらい日常の暮らしの風景のなかに溶け込み、馴染んだかたちでクラフトフェアが開かれていたのです。

今回は子供を連れて家族で遊びに行ったのですが、道の広さ、芝生などの空間のゆとりなど、
子供達を連れていても本当に気持ち良く、ゆったりと楽しむことができる空気でした。
実際、とても多くの家族連れの方々で賑わっていました。

これもきっと、川口に暮らしている多くの方々にとって、身近な存在になっているからなのだと思います。

街


芝生




暮らしに根づく、とは何か


手仕事のモノの魅力は、日々の生活のなかで感じることが多いものです。
より身近なところで出会った作家さんや作品には、より深い愛着が湧き、きっと暮らしのなかで
ふと思い出すのではないでしょうか。

そういった出会いの積み重ねが、生活者とクラフトをつなぎ、
本当の意味で文化が根をおろすことになるのだろうなと、深く腹落ちし、ひとつの答えが見つかったような気がしました。



ほんのごく一部になりますが、
今回ご出展されていた作家さんをご紹介させていただきます。

田中遼馬さん
りょうま


シタマチラボさん
シタマチラボ


taro-coboさん
taro-cobo


almeanさん
靴


recordさん
ricord



川口暮らふと実行委員会の皆さま、ご出展作家の皆さま、お疲れ様でした。
心地よく、本当に素晴らしいクラフトフェアでした。

また来年も、家族で行きたいと思っています!
このエントリーをはてなブックマークに追加

取材レポートの最新記事

  1. 取材レポート

    【イベントレポート】クラフトフェアまつもと2018

  2. 取材レポート

    イベントレポート「二子玉川クラフトフェア」〜みんなどうしてる?展示販…

  3. 取材レポート

    イベントレポート「クラフトフェアまつもと2017」〜繋がり開かれるク…

  4. 取材レポート / スタッフブログ

    【作り手の市場流通を考える!その3】iichi講座を通して考える「百…

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

  4. iichiガイド / スタッフブログ

    魅力的なショップづくりのポイント〜アイドマの法則〜

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。