1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. iichi ブログ
  3. 【その2】写真の撮り方教室[カメラの設定4ステップ]
iichiガイド
申静恵 申静恵

【その2】写真の撮り方教室[カメラの設定4ステップ]

こんにちは、iichiスタッフの申(しん)です。
前回の『写真の撮りかた教室 [撮影の前に]編』はもうご覧いただきましたでしょうか。 今日もさっそく、作品撮影との距離を縮めていきましょう。

今回教えていただいたのは、作品撮影時の「カメラの設定」についてです。


5-1

カメラの上部にある、くるくると回る部分。ここが「モード」と呼ばれている部分です。 
《どんな被写体を撮るか》《どんな環境で撮るか》という撮影時の条件に合わせて このモードを使い分けることで、写真をよりきれいに撮ることができます。
では、実際にどのような条件が整うと写真が「きれい」だと感じるのでしょう。


【目指すポイント! きれいな写真の3条件】

1. 明るさが十分であること
2. 被写体(作品)にピントが合っていること
3. 手ブレしていないこと

この3つの条件が守れるようにカメラの設定をしていきます。
それぞれのモードや設定の特性を詳しく解説する前に、 カメラマンの関根さんが「この方法がベスト!」とお薦めするカメラ設定の4ステップをご紹介します。


【この条件で作品撮影しましょう。カメラ設定の4ステップ】


1. 明るい場所で撮影しましょう
写真が暗いと、作品自体が暗い印象になってしまいます。
撮影は十分な自然光が入る午前中〜お昼の時間帯がベスト! 夕方・夜はできるだけ避けましょう。


2. モードを 『Aモード (= Avモード)』に設定しましょう

avダイヤルを回して『Aモード(= Avモード)』に合わせます

Aモード(= Avモード)とは「絞り優先モード」のこと。どのようなモードなのか、詳しくは次回のブログで解説していきます。


3. 『F値』(絞り)を上げましょう

f
『F値』はここで調整

F値(絞り)はピントの合う範囲を調整するためにあります。数値が《小さいとピントの範囲が狭く》《大きいとピントの範囲が広く》なります。F5〜F10くらいまでの間で設定してみましょう。
※ 上げ過ぎると画像が荒れることもあるのでご注意を!


4. 試し撮りをしてみて、写真が暗ければ『露出補正』で調整しましょう

______『露出補正』はここで調整

-0.7、-0.3、0.0、+0.3、+0,7、+1.0  と調整できるようになっています。数値を《上げると明るく》《下げると暗く》なります。試し撮りをしながら、ちょうど良い明るさのポイントを探しましょう。


明るさが十分になったらカメラの設定は完了です。早速作品撮影に入りましょう!
※ お使いのカメラによって「F値」や「露出補正」のボタン位置・表示などが異なります。ご参考までにご覧ください。


【実際にやってみました!】

1.明るさが十分な場所で撮影。
2.モードを 『Aモード (= Avモード)』に設定。
3.『F値』(絞り)を上げる。
4.試し撮りして、写真が暗ければ『露出補正』で調整。


さて、今回関根さんに教わった4つの条件。
この条件を守って撮影した写真と、全てカメラ任せで撮影する『フルオート』のモードで撮影した写真とではどのように差が出るのだろう…?ということで、iichiスタッフも実際に撮影してみました。


2

■ 『Aモード』に設定し、F値を『9.0』まで上げて撮影してみました。ピントは合っていますが、明るさが足りないようです。
 ↓
 ↓
 ↓


3

■ 更に露出補正を『+1.0』まで上げて撮影してみました。ピントもはっきり、明るい写真になりました!

《 ↑↑↑比べてみました↓↓↓ 》


1

■ 設定をカメラの機能に任せる『フルオート』モードで撮影してみた写真。ピントが甘く、明るさが足りません。


今日の復習: 全ての『機能』を使いこなさなくてOK!

カメラにはさまざまな機能がありますが、『作品撮影』という目的に関しては、全ての機能を把握して使いこなさなくてはいけないわけではありません。

《光のよく当たる場所で》《Aモードで》《F値を大きくして》撮影してみて、写真が暗ければ《露出補正》をする。

その4ステップを実行するだけで、これまでより写真がグッと良くなります。カメラの設定が完了したら、早速作品撮影を始めましょう。

次回の写真の撮り方教室では、『Aモード』を使う理由や、それぞれのモードについて詳しく解説していきます。どうぞお楽しみに!


* * * * * * *

【講師プロフィール】

pa-luce(パルーチェ)代表・関根 統(せきね・おさむ)さん。
秋山写真工房でのアシスタントを経て独立。百貨店の商品撮影を数多く手がける。個人作家との交流を通じて、作品の魅力を引き出す撮影方法を「伝える」ための活動をスタート。ウェブショップ運営者のための写真教室を開いている。
東京都 ・目黒のMakers'Baseでも毎月フォトレッスン講座を開講中。


※2016年3月現在、ブログ中の「フォトレッスン講座」は開催しておりません。
この記事は2015年3月11日に作成されました

iichiガイドの最新記事

  1. iichiガイド

    イベントお知らせ機能の活用 「lily & co.インタビュー」

  2. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング② 〜お気に入り機能攻略編〜

  3. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング① 〜プロフィール攻略編〜

  4. iichiガイド

    SNSでの効果的な投稿の3つのポイント

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiガイド

    作品紹介ページ、どうしたら魅力的に? (その2)

  4. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。