HOMEブログ 作品紹介ページ、どうしたら魅力的に? (その2)
iichiガイド
申静恵 申静恵

作品紹介ページ、どうしたら魅力的に? (その2)

blog_600_400

毎日新しい作品が続々と登場するマーケットプレイスですが、大切に作った作品だからこそ、たくさんの方に「素敵だな」「面白いな」と共感しながら見てもらいたいものですね。
では、どうしたら作品がより多くの方の目に触れるようになるのでしょう。また、どうしたら作品の魅力をより正確に伝えられるのでしょう。
今回は簡単に改善できる、作品紹介の際の基本のポイントをいくつかご紹介します。
※ (その1)はこちらよりご覧ください。

【3】読んでみたくなる紹介文とは?

作品を選ぶとき、サイズや素材はもちろん知っておきたいことですが、そのような事実だけが並んだ紹介文ではそっけなく感じられてしまいがちですね。
作り方や素材の魅力など、作り手本人にとっては既に当たり前のことも、買い手にとっては新鮮な情報です。改めて振り返ってみて、作品紹介文に盛り込んでみましょう。

《こんな内容を書いてみましょう》

  • 作品のテーマや、「こういう作品作りを心がけている」という作り手自身のテーマ
  • 制作上のエピソードや工程、こだわりの部分
  • 使われている素材について/素材自体の特徴や背景
  • サイズ/着用感の説明
  • どのような場所・シーンに合うか、他のものとの組み合わせ方

【4】「検索キーワード」を活用しましょう。

作品登録時に「検索キーワード」を設定することができます。「夏」や「バレンタイン」「クリスマス」など、季節感があって紹介文に盛り込むのはなかなか難しい単語も、検索キーワードとして登録しておくことで、紹介文内で使用していない単語でも検索結果に表示されるようになります。
また、作品紹介文を書く際には、同じ意味でも書き方が異なる「表記ゆれ」に注意しましょう。
例えば作品紹介文内で「手ぬぐい」と表記していた場合、「てぬぐい」という単語で検索した人には見つけてもらうことができません。こんなケースも、検索キーワードに「手ぬぐい」「てぬぐい」とどちらも登録しておけば防ぐことができます。

また、例えば「ペンギンのピアス」を紹介する際には、「ペンギン」だけではなく「動物」というキーワードも登録しておくなど、その作品の区分やジャンルなども盛り込んで、検索する人と作品との接点をできるだけ増やしてみましょう。
「自分の作品に辿り着く人は、何を探している人だろう?」と色々な可能性を想像して、検索ワードを有効活用してみてください。

【その5】すぐできる・簡単。SNSでの告知活動。

各作品ページの右上にTweetボタン、Facebookボタンがあります。こちらをクリックすると、それぞれのSNSへの投稿画面が表示されます。作品情報が自動的に表示されるため、自分で入力する必要がなく、作品を簡単に紹介することが可能です。作品を出品し終わったタイミングなどで、併せて告知活動もしてみましょう。
iichiの公式twitterアカウントFacebookアカウントでも作品の紹介や開催するイベントについてなど様々な情報をお届けしています。ぜひフォローしてみてくださいね^^

 
この記事は2014年8月1日に作成されました
このエントリーをはてなブックマークに追加

iichiガイドの最新記事

  1. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング② 〜お気に入り機能攻略編〜

  2. iichiガイド

    ショップ運営のためのマーケティング① 〜プロフィール攻略編〜

  3. iichiガイド

    SNSでの効果的な投稿の3つのポイント

  4. iichiガイド

    ギフトシーズンのショップ運営「役立つ4つの工夫」とは

このカテゴリーの記事一覧へ

おすすめの記事

  1. iichiガイド

    プロフィールを書く時の4つのコツ

  2. iichiガイド

    【その4】写真の撮り方教室[作品への光の当て方]

  3. iichiガイド

    作品紹介ページ、どうしたら魅力的に? (その2)

  4. iichiニュース / スタッフブログ

    Pinkoiとの資本業務提携について【代表ブログ】

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。